ニューリリース更新情報

2012/08/22
用語を更新致しました
2012/07/10
記事を更新致しました。
2012/06/01
ガス電くんwikiオープン致しました。

CO2を削減!

私たち生活で電気を使用する際にCO2が発生しているようには感じられませんが、実際は電気を生成する際にCO2が発生しているのです。

日本の電力は現在、主に火力発電と原子力発電でまかなっていますが、中でも火力発電は日本で使用される60%もの電気を生成しています。 その火力発電においてCO2が発生しているのです。火力発電は、石炭、石油、天然ガス(LNG)などの燃料をボイラーで燃やして得た、高温、高圧の蒸気でタービンを回して発電する技術であり、その際に発生するCO2の量は膨大な量となります。

火力発電所で発生するCO2の量は1年間でサッカーボール44兆個分、東京ドームで18万個分の体積にも及びます。

私たちがこまめに節電すれば、発電する量も削減でき、その分CO2も削減可能です。 まずは電気を生成している際にもCO2が発生しており、その電気を使用して私たちが生活しているという現実を認識するのが 節電への一歩となるでしょう。