ニューリリース更新情報

2012/08/22
用語を更新致しました
2012/07/10
記事を更新致しました。
2012/06/01
ガス電くんwikiオープン致しました。

カテゴリー別アーカイブ: ガス電くんが環境を守る!

福知山花火大会露店爆発について

京都府福知山市の花火大会会場で死傷者が出てしまった痛ましい事故。
原因は、本来小型発電機でやってはならない事を重ねて行った結果だと推測されています。
第一に発電機を停止せずに給油しようとした事
第二にガソリン携行タンクのガス抜きを怠った事

小型の発電機の場合はガソリンを使ったものが多くディーゼルやLPガス発電機と違い細心の注意が必要とされます。
現在も全国の祭りなどで露店は開かれており、主催者側が大型発電機を設置し小型発電機の持込みを制限する会場もある。
露店主側も自主的に安全対策を強化する動きもあり
今後このような事故が発生しない事を望む限りです。

CO2を削減!

私たち生活で電気を使用する際にCO2が発生しているようには感じられませんが、実際は電気を生成する際にCO2が発生しているのです。

日本の電力は現在、主に火力発電と原子力発電でまかなっていますが、中でも火力発電は日本で使用される60%もの電気を生成しています。 その火力発電においてCO2が発生しているのです。火力発電は、石炭、石油、天然ガス(LNG)などの燃料をボイラーで燃やして得た、高温、高圧の蒸気でタービンを回して発電する技術であり、その際に発生するCO2の量は膨大な量となります。

火力発電所で発生するCO2の量は1年間でサッカーボール44兆個分、東京ドームで18万個分の体積にも及びます。

私たちがこまめに節電すれば、発電する量も削減でき、その分CO2も削減可能です。 まずは電気を生成している際にもCO2が発生しており、その電気を使用して私たちが生活しているという現実を認識するのが 節電への一歩となるでしょう。

 

温暖化にストップを!

このまま温暖化が進むと、山や大陸の氷がとけ海面が上昇し、私たちの生活や自然環境に様々な悪影響を与えます。中には絶滅に瀕する動物もでてきます。また、異常気象や自然災害が増加する可能性があり、台風や洪水は大変な被害を及ぼします。

温室効果ガスにはさまざまが気体(空気)がありますが、温室効果ガスの増加にあたり一番影響を与えているとされているのが、二酸化炭素と言われています。

二酸化炭素は私たちの生活に密接に関係しています。私が普段使用している電気も発電所で生成する際に大量の二酸化炭素が排出しているのです。

私たちが地球環境をもっと考慮し、生活改善しないと二酸化炭素は増え続け、そのため温室効果ガスも同時に増加していくと考えられています。 結果、さらに温暖化が進んでいくと懸念されています。

日本中の企業やおウチでガス電くんを使うと?

CO2が年間で28%削減でき、約1億4500万トンものCO2が削減されるんです!